2009年11月07日

NW-A847V

アークティックバイオレット
新型ウォークマンを買ってしまいました。薄いです。史上最薄と謳っているだけあってかなり薄いです。でも妹が使っている一世代前のウォークマンと比べるとほんの少しの違いでした。
しかし容量は64GBとかなりの大容量。大学時代に使っていて、4年目辺りからPC側でデバイスとして認識されなくなって使えなくなった i-riverのDAPと比べると約13倍の容量でかなりの軽量化。HDD式とRAM式の違いというのもあるけれど、それにしてもこの差はすごいと思う。

さて、では中身についてですが、とりあえず音楽は『:破』のサントラ(mp3)と川田まみの「masterpiece」と「PSI」(wav)、YOUTUBEで録音した楽曲を7曲(wav録音→mp3変換)転送。録音の7曲はもともとの音質のせいもあれどイコライザの調整で多少の誤魔化しは可能。
『:破』のサントラは、ビットレートは320kbps。同一データをICレコーダー:ICD-SX900に保存しているが、聴き比べると音質にかなり違いがある。(そもそもICレコーダーでmp3ファイルを持ち歩くのはそもそもの使用目的ではないのだが、)本義であるウォークマンで同じ曲を再生。音の拡がり、芯の強さ、一音一音にメリハリがあり、その差は歴然だ。
ノイズキャンセリング機能はまだ試していないので今回はノーコメント。
次に動画。これまた『:破』の予告映像「FLY ME TO THE MOON」「THE FINAL DECISION WE ALL MUST TAKE」両ver.(wmv)を転送した。(↑最上部写真)オリジナル解像度はFullHDで、オーディオビットレートは104kbps。これをSonicStageにて320*240の128kbps(mp4)に変換した。ただしサイズなどはソフトによる自動調整。
再生した感想はまず画面がきれい。以前DVDのデータを携帯電話用に変換した経験があり、その程度の画質を想像していたがそんなことはなかった。黒潰れもないし、コントラストもハッキリしていた。音質はやはり落ち込むが、しかし聴いていられないものではない。
DVD映像も転送できるか、今後試してみたい。
最後に写真。これを転送。雑誌のイラストをヱヴァ携帯で撮影・加工したもの。サイズがかなり大きいので試験的に入れてみたのだが、説明書を見ると「4096四方までの2GBまでなら可」ということなので、全然問題なかった。

というわけで、またも秋雲の玩具が増えたわけですが、これからガンガン色んなものを詰め込んで色んな試行錯誤をしていきたいと思います。まずはとりあえずDVDの取り込みをできるかどうか。


posted by 秋雲 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 機械系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック