2011年04月17日

高校時代のあだ名

帰宅部のエースくん。


本屋に行ったらこんな本が売られていました。いつのまにか僕は小説のネタにされていたらしい。
はい、すみません。完全な内輪ネタです。きっと詳細は狼魔クンが解説してくれます。

でまあそっちは買っていないのですが、
空想ライトノベル読本

これを買ってしまいました。緒方さんの絵で。
まだ序章ですが、「空想科学読本」などと同じように小説の中のフィクション設定をまじめに科学していておもしろいです。
御坂美琴は10億Vを操るが心臓には電気を通さず、右腕で発電しているんだろう。、とか。

とりあえずこういう頭の良いバカっぽさって大好きです。


posted by 秋雲 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック