2011年05月30日

戦国乙女 #8

先日書いた『戦国乙女』の、本能寺の変フラグが順調に建立されています。なんかキタエリさん、最近こんなんばっかだな。安定のキタエリだよ。

ノブナガの為を思い、することなすことが裏目に出るという、序盤ではただのギャグ要員だったあけりんですが、回を重ねるごとにヒデヨシへの嫉妬の念を募らせ、第8話ではついに……。

ところで新キャラとして毛利モトナリ(中国)、大友ソウリン(北九州)、長宗我部モトチカ(四国)が登場しましたが、毛利氏と大友氏がつるんでいると云うことは和睦後?そうすると1582年以降と云うことになってしまいますが、まあ細かいことは云うまい。横断歩道とか出てきたし。
それはそうとこれはますます、「本能寺の変 = 痴情の縺れ」説が有力になってきました。てことで以下予想。

天下統一を成就させんと西国3人衆からついに甲冑を手に入れるノブナガ。それを奪う為に動き出すイエヤス。利用するは明智ミツヒデ。
「ノブナガはもうそなたを必要としておらぬ。現に、ここのところはあの野ザルを最も信頼しているご様子…。」
それを聞いたミツヒデは口では否定しつつも追い詰められていく。
「お館様に必要とされぬのなら、最早この世に生くる価値などないではないか。お館様の願いを叶えたいと思いこれまで尽くしてきたが、それももうここまで。」

――明智って、ほんとバカ

そして武装蜂起。
「お館様を殺してわたしも死ぬ!」
果たして深紅の甲冑を手に入れたイエヤスは、天下を手中に収める。
「計画通り!」


って、コレじゃバッドエンドなので、そうならないことを切に願います。
大友ソウリンあけりんを救うと信じて!!
これから先も目が離せません。




ラベル:戦国乙女
posted by 秋雲 at 22:43| Comment(1) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だいたいあってたw すげえっw
Posted by at 2011年06月11日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック