2011年08月26日

2012年秋公開

というわけで案の定でしたが、でましたね、予告が。
アスカが乗っていた機体は2号機でした。(←エントリープラグ内の描写で裏付け)
第10の使徒との戦いで大破した2号機ですが、どうやら修復(というか増強?)されたようです。切断された左腕は濃いグレー色の腕に変わっており、貫かれた右頭部はG型装備がそのままドッキングされたような感じに。さらに右手にはスナイパーライフルと、背後にはグライダーのような装備も。しかも顎部は角張ったデザインになって、うん、なんかガンダムっぽいぞ?
でもこの元のデザインと整合性の取れていない感じからすると、ひょっとして別の機体のパーツを継ぎ接ぎしたのかもしれない。その右頭部と左腕の色が似てるしね。

で、エントリープラグ内部。マリが5号機で被っていたようなヘルメットを脱ぎ素顔を晒すアスカ。既存の予告と同じように左目に眼帯をして、何やら叫ぶ!

次回は宇宙戦が展開される予感。期待高まる!


予告
碇シンジは目覚める。
傍らに立つ見知らぬ少年。
そして、彼を待つ新たな世界。

次回
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:


Quickening

さぁ〜て、この次も、サービス、サービスゥ!





放送本編は前半カットされまくりでBDのタイム調整がメンドかったです。
あとデータ放送ですが、2号機の獣化第二形態発動時には背景が赤くなると云う小技付きで、なかなか面白かったです。



posted by 秋雲 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ヱヴァ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。