2011年12月02日

ルパ〜ン三せ〜い

さて、銭形、五右衛門、不二子が新キャストになった今回のTVスペシャル。序盤の第一声を意識して聴いていましたが、けっこう違和感なく思いました。しかし五右衛門は相変わらず口数少ないなあ。
歴史あるシリーズだけに、キャスト変更の公表があった頃にはかなり賛否両論飛び交っていましたが、仕方ないのかな。でも、今までのキャラクターに声色を似せて違和感なくするのと、新しく変わった声優の持ち味を出して彼の個性をキャラクターに根付かせるのと、どっちがいいんだろうね。今回の『ルパン』は前者を目指したのだと思う。ボクはそう感じた。後者のパターンは、『ドラえもん』や『サザエさん』など、様々な作品に見られるものだと思う。
こういうものって、作り手側の意思とは関係なく、結局決めるのは視聴者だから、難しいね。

ところで今月の金曜ロードショーは「おうちで見よう」というテーマのもと放送されるようですが、わたしは今日長野のホテルで観ました。仕方ないじゃない、出張だもの。

posted by 秋雲 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック