2012年07月31日

ポケモン映画2012のはなし ファイナル

さて、毎年恒例の技予想。

キュレム - ドラゴン/ こおり
わざタイプいりょく種別
シャドークローゴースト70ぶつり
こごえるせかいこおり65とくしゅ
はかいこうせんノーマル150とくしゅ
そらをとぶ?ひこう90ぶつり
+
コールドフレアこおり140とくしゅ
or
フリーズボルトこおり140ぶつり


ケルディオ - みず/ かくとう
わざタイプいりょく種別
アクアジェットみず40ぶつり
にどげりかくとう30ぶつり
きあいだま?かくとう120とくしゅ
しんぴのつるぎかくとう85とくしゅ


キュレムは「こごえるせかい」と「コールドフレア」or「フリーズボルト」をそれぞれフォルムチェンジで互換されているのかな。ただ「こごえるせかい」は技として使うというより、周辺を凍り付かせる為に使っていたか。そうなると只単にキュレム自身から漏れ出した冷気かも知れない。あ、でも闘技場の氷結界を作るのはあれそうかな?
「シャドークロー」は「ドラゴンクロー」とどっちか迷ったんですが、色が黒っぽかったので「シャドー」かなーということで。
それから前回の感想で書きましたが、映画でのキュレムはゲームとは違いフォルムチェンジを自在に行います。それによって攻撃系種族値が変動。戦闘中に各専用技に合った能力値(ポケモンWiki)になるためゲームより厄介です。

戦闘中のフォルムチェンジといえばメロエッタがいますが、こちらは特殊系特化のボイスフォルムから攻撃・素早さ型のステップフォルムに変化。フォルムチェンジするには「いにしえのうた」を使う必要があり戦闘のフィールドに出ている時のみでしかその姿でいられない。なので平常形態はボイスフォルムなんですよね。ちょっとメンドい。

最後にケルディオですが、球体の技が「きあいだま」なのかどうか。ただキュレムとの戦闘状況を見る限りでは、そんなに強力な技を持っているとはあまり考えにくいんですよね。
あと、ケルディオのフォルムチェンジについてもゲームと若干の仕様差があります。
ゲームだと「しんぴのつるぎ」をおぼえた状態だと「かくごのすがた」に変化しますが(B2W2のみ)、「いつものすがた」に戻るには「しんぴのつるぎ」を忘れなければなりません。しかし映画ではさすがにそうはいかんので、キュレム同様任意でフォルムチェンジできるようです。

さて、そんなこんなでいまいちパッとしない技予想でしたが、ともあれ本編は『ダークライ』の時のディアルガのような暴走ではなく、ちゃんと理念の元にケルディオを追い回していたので、予告編を見た時の不安は払拭されました。まあそれでも、都市を氷付けにしたのは事実ですが……。
そうそう、それで気になったことがひとつあったんだ。いくら夜中とはいえあの街、ひと居なさすぎじゃない?
後半に出てきた廃線のある郊外の田舎町ならまだしも、スカイツリーみたいな建造物があって高層ビルも建ち並んでいて人口密集地というような造りになっているのに人っ子一人いないのは違和感があったかな。
せっかく冬将軍フリージオたちから逃げるという画的なイベントなのに、騒然となる一般人も巻き込んで逃げ惑うというシチュエーションに持って行けなかったのは勿体ない。そうすれば『ゴジラ』のようなスリルも出るし、サトシたちも「逃げてる」という状況が一層強く伝わってきたと思うんだけどなあ。
確かに、街中のアーケードなどを使った逃亡劇はそれはそれで面白かったけど、ひとが居ないなら廃村の方が自然。都会なのに誰も居ないという不自然さがどうしても残った。舞台を都会に選んだならそこは魅せて欲しかったなあ。
以上!

来年はまた新しいポケモンが出てきます。来月11日からWi-Fiで配信が始まるゲノセクトという3億年(?)前のポケモンらしいですが、超古代ポケモンと称されるホウエン地方の彼らや神格化しているシンオウ地方の彼らよりは新時代のポケモンなんだろうか。わたし、気になります。


あ、自分来月から高山勤務になりました。

ラベル:映画
posted by 秋雲 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。