2013年07月09日

番外編です。

はつこい # First Love-00 "Late.10.2000"

沙季の季沙に対する想いのきっかけと、父親との確執についてを少々。

次の更新分では、おそらく泉水編に入ると思います。そうでありたい。
プロフィールで先出ししてますが、泉水編では麻子の姉・麻耶が出てきます。秋雲が大好きなお姉ちゃんキャラなので多分にひいきが入らぬよう気をつけています。(ぇ
さて「D-side」こと泉水編ではもちろん泉水が主人公ですが、だのにプロフィールがリストの一番下にあるのは、なんか知らんけどボクのヘンなこだわりがそこにある。
それのヘンなこだわりについては、また追々。
HDDがぶっ飛んでから下書き中のデータもおさらばになったことによるダメージからの、ひとまずのリハビリがてら今回の番外編です。
これからもスローペースでまったりと行きたいと思います。

posted by 秋雲 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

「クローバー B-side」更新しました。 ひさびさ

告白。 # False Love "Late.10.2002"

久々の更新報告ですね。半年ぶりかぁ。

というわけで、ようやくくっつきました。
これまでぼかして描いてた(つもりの)沙季の想い人のことや、季沙の片想いにも、これで一区切り付きました。

奇しくも話の中でも半年経っていますが、その間3人で出掛けたり(デートともいう)、それで誠くんは勘違いを重ね、ふたりの仲は進んでいるように見えつつもすれ違い、沙季は自分の気持ちに見切りを付けようと努力します。
その辺のことや今回ちらっと出てきた浅野家の家庭事情の説明を端折ってますが、追々やってくので、今のところはちょっと気になるなぁ程度で頭の片隅にでも置いておいて下さい。

さて、ところでこの告白シーンラストの「笑えてた?」「ボロボロだよ。」の流れは実は随分と前から考えていて、やっと日の目を見ることができました。よかったよかった。
初期の案では「何言ってんの。もうボロボロだよ。」だったんですが、姉としての優しさを最大限に活かすとああなるかなということでああなりました。
自画自賛というわけではないんですが、描いてて正直切なくなりました。沙季にも幸せになってほしんですが、さあ、どうなるでしょう。
そして冒頭でも記しましたが、沙季の好きな人は今までなんとな〜くぼかして描いていた、つもりです。分かる人には分かる、でもほんの少しでもミスリードできたらいいな、って感じで。練習がてら挑戦してみましたが難しいですね。

あと英語のサブタイトル、お気付きかも知れませんが、季沙視点の第1章「First Love」と語呂を合わせてます。
季沙の初恋と、そのとりあえずの決着。しかし坂本誠と浅野沙季の「偽りの恋心」――「False Love」……。
ここからはこの "B-side" の第2部です。果たして彼女たちは真の恋人となれるのか。そして沙季の恋の結末は。

乞うご期待。

posted by 秋雲 at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

「クローバー B-side」更新しました。 その3

苦い想い出 # Was Coffee bitter taste? "30.04.2002"

それと、トップページはまるっと目次にしました。これでより分かりやすくなったと思います。
いかがでしょう?

今回は、というか今回も沙季の視点ですが、主役は季沙です、あくまでも。
これからもう一波乱、二波乱起きる予定ですが、まあ、追々。

しかし。なんだなー。自分でこんな風に描いてはいるけど、青春だよねー。自分の高校生活乃至は少年時代は青春とは縁遠いものだったから、憧れますよね。なので妄想ですよ、ぶっちゃけ。そりゃ、一部には実体験とかも入ってますけど、たかだか1%くらいです。旧消費税分もありゃしません。青春無果汁ですわ。
いかん、むなしくなってきた。(笑)

まーそんなわけで、これからも青春果汁たっぷりそそいでいきますんで、よろしくお願いします。

posted by 秋雲 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

「クローバー C-side」更新しました。

そして止む雨。 # the Rain-I "Late.01.2001"

菊池しおん、登場。
みんな大好き(?) 巨乳キャラです。実はビジュアルが巨乳でおさげで眼鏡と、某福音戦士の眼鏡っ子と被ってるんですが、設定はその某cv.坂本真綾さんが出るよりも前に固まっていたので、関連性はありません。好きな要素詰め込んだらこうなりました。

それと、以前に上げたタイトルはその当時の日時で投稿するので、今回の更新分はページの一番下にあります。

あとで見直してみると記事項目の上部に投稿日時が出て紛らわしたかったので、逆にそれを有効活用してみることに。
文中で起きた日の日付を投稿日にしてみました。先日示した「中旬」などといった表現がタイトルにあるときは、日付はあくまでもその周辺という感じで。時刻は大まかですが目安程度に。
表記日時は文中終了時点でのものとしています。
本来の投稿日時は分からなくなりますが、こちら側での更新情報は変わらずお伝えしていきますので、それを参考して頂けたらと思います。
↑以上2012/07/07

そしてそろそろ全体の文章量がエラいことになってきたので、スクロールが大変という場合は、右側にある「カテゴリ」をうまく活用して頂けるとよいかと思います。

この「C-side」は他の「side」にも関連してくる、いわば裏方のような位置付けなので、特に頑張ってます。うまく伝えられておりますでしょうか?

では、これからもじわじわと更新していきますので、よろしくお願いします。


追伸
「ひねもすつごもり 2.0(ここ)」の右にあるプロフィールも更新しました。秋雲の、眼鏡に対する執着とかがだだ漏れてます。

posted by 秋雲 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

「クローバー B-side」更新しました。 その2

写真の少女 # the Encounter "29.04.2002"

さて、今回は以前に上げたエピソードの大幅改訂版です。

ちなみにくどいようですが秋雲は眼鏡キャラ大好きです。一部に例外はありますが、眼鏡を掛けていれば大体の女の子はウェルカムです。語り出すと長くなるのでここら辺で自重しますが、文中の沙季さんの発言はわたしの本意ではないことだけは言及しておきます。ここテストに出ます。

それはそうと新キャラ登場です。これでようやくこの「B-side」でのメインが出揃った感じですね。
当初の予定では麻子は10月に転入予定でしたが、それまで出番を引っ張るとわたしの労力が保たないので、半年早めました。
2002年編は巻いていきます。でないと斎藤姉妹とか出番ないですからね。狼魔クンからクレームが来てしまいます。(何

とまあ大人の事情はさておき、あくまでもメインは2004年編なので、それに向けてがんばっていきます。よろしくお願いします。

posted by 秋雲 at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月28日

「クローバー B-side」更新しました。

初恋の憂鬱。 # Her worry "Middle.04.2002"

サブタイの見方についてちょっと解説。

例:「初恋の憂鬱。 # Her worry "Middle.04.2002"」

まず、「初恋の憂鬱。」
この部分が日本語サブタイです。

その後に続く、「# Her worry」
これは英語でのサブタイ。もともとHTML版で更新していた頃のファイル名の名残で、それをそのまま流用していたり、新しく付けている時もあります。
「-I」といったものが付いている場合は「第一章」のような意味合いで。

最後に、「"Middle.04.2002"」
ご覧の通り日付です。明確に指定する時もあれば、今回のように「中旬」と大雑把にする時もあります。
「"Early"」は上旬、「"Middle"」は中旬、「"Late"」は下旬です。
今回の場合、文中は「2002年4月中旬」の出来事ということになります。

そんな感じで、よろしくお願いします。

posted by 秋雲 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。