2013年08月07日

秋雲・建造開始

の話の前に、4月1日に作業してアップを忘れていたフランカー。
su27_4.JPGsu27_5.JPGsu27_6.JPG
su27_7.JPGsu27_8.JPG
途中かなり撮影を忘れて作業に没頭していました。
上段3枚はエアインテークの部分。下段は前回以降紙ヤスリを買ってから処理したゲートとピン跡。ちょっとはマシになりました。

で、現在フランカーはここで止まっています。あれ?もう4ヵ月も経っちゃってるの?Σ(゜д゜)))

さて、秋雲(駆逐艦)の話。
akgm_01.jpg
作業開始は今月5日。のっけからこのサイズのパーツでマジでビビりました。

akgm_02.jpg
続いてブリッヂの上部。それでもまだこのサイズ。

↓ここから6日の作業。
akgm_03.jpg
いかん。また撮影忘れてたよ……。
とりあえずパートごとに組み上げても小さいので、失くさない内にベースに取り付け。
左側がブリッヂ、後ろふたつが煙突。後方第二煙突のすぐ前にあるのが機銃。
煙突に付いてるパイプ部がこれまた細い!!

akgm_04.jpg
中央機銃と第二煙突、上部から。

akgm_05.jpg
ブリッヂと第一煙突のアップ。
対比物ないから分かりにくいですけど、ブリッヂ全体でもmicroSDよりも小さいです。

先はまだまだ長そうだ。。。

ラベル:プラモ
posted by 秋雲 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

陽炎型駆逐艦第拾玖番艦

Akigumo1943.jpg
Wikipedia

買っちまったぜ。
ちなみにフランカーはまだ完成してません。。。

元々の全長が118.5mなので1/700スケールで、プラモの方のサイズは約17cm。大砲は小指の爪よりも小さいよww
がんばろうw

posted by 秋雲 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

作業報告_Su-27_#01.製作開始

さて、購入したはいいものの、やはり工具や塗料を実家から回収せねばなるまいてと思い眠らせておりましたが、事前に出来るところだけでもやってしまおうかと考え、漸く本日から取りかかることにしました

今日の作業は、手順通りにコックピットの組み立てと、機体の前処理。
前処理は、先日の教本に則ってゲート処理と、「ピン跡」の除去を行いました。
su27_1.jpg
su27_2.jpg
先日のヤスリだとここまでが限界だったので、明日それ用のものを買ってこよう。

それからコックピット。こちらもゲート処理を行い、パーツを接着。
su27_3.jpg
早速、この座席両脇と正面にデカール作業があります。今日はやってないけど。
あと操縦桿にブラックの塗装が要るようなので、これは月末までお預け。

とりあえず今日はここまで。続きは次の休み?

ラベル:プラモ SU-27
posted by 秋雲 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

フランカー購入しました(※プラモです)

先日注文した「Su-27」が入荷したので、買ってきました。 (外箱 )
はじめは「ハセガワ」とうメーカーのものを注文していたのですが、メーカー在庫なしで次回未定ということだったので、「トランペッター」という中国メーカーのものにしました。まぁ赤い国同士だし、Su-33の原型機を持ってるらしいし、密林さんでの評判もそこそこよかったしね。
しかし箱を見る通り、のっけから不安にはなりましたけどね。表記が英語と漢文しかないw
そして説明書も案の定そのふたつだけでした。まあ読めなくもないし、なんとかなるだろ。 (説明書 )
とはいえこういう本格的な組み立ては久しぶりなので、本屋で教本買ってきました。 (教本 )

とりあえず中身はこんな感じ。 (塗装ガイド )(パーツ )(デカール )
手順を見たら初っ端からコクピットにデカールの貼り付けがあるよ。昔、盛大に破いて失敗して以来苦手意識が根付いちゃてるんだよね、デカール。うまくできるかしら。
そして一緒に買った工具の、これだけじゃ心許ない感が……。こんな装備で大丈夫か? (工具 )
実家に帰れば塗料とか他の工具とか色々あるけど、次に帰るのは月末だしなあ。それまで教本眺めてるか。それ以前に、約10年前に買った塗料だが大丈夫か?
うーん。

なんにせよ、あせらずじっくり、ちまちまと時間を掛けて組み上げていきたいと思います。元より暇つぶしの為に買ったんだしね。
憶えてたらここで製造過程を上げていくつもりです。

それと、買った教本の巻末にカタログのような特集があって、その中に今回買ったフランカーも載ってました。 (該当箇所 )
個人的にこのエアインテークの形が好きですね。ハイヌウェレがアレしたところですけど。あのシーンには興奮した。

さて、では今回はこの辺で。
文中の( )の部分には写真を入れるつもりです。また後日。

外箱の解説を自力で翻訳してみた。
ラベル:プラモ SU-27
posted by 秋雲 at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。